旭山動物園・当麻(2)

 最低気温1℃。これは自宅に帰ってから知ったことだったが、どおりで寒い訳だ。入浴を済ませてテントに戻った後に早々に寝たものの、深夜にあまりの寒さに目を覚ました。顔以外はシュラフの中だったが、その唯一露出している顔が余りに寒くて目を覚ましたのだった。その後は夜中じゅう寒くてブルブル震えていたような感じで余り眠った気がしなかった。今年の自転車キャンプは今週までにしておいた方が無難かもしれない、そう思った日だった。

 前日の記事では、ちょっと趣向を変えていて、実は自転車に乗って走ったことについてほとんど触れず記事を書き終えている。折角だから、今日の記事も自転車に乗って走った部分を端折ってしまおう(笑)。なんかもうブログタイトルを無視しまくりである。

 そんなわけで、旭川駅に到着。そして輪行のための自転車解体を開始だ。
 (ちなみに、写真は前日来た時の自転車組立て中の写真なのだが、手順が逆なだけでほぼ同様なのでここで使用している)
画像

画像


 日曜日は軽めで上がるのが私のモットーなので、今日の自転車移動は、当麻から旭川駅への移動と札幌駅から白石の自宅への移動のみで終わりである。

 北海道のキャンプ場の開設期間は9月末までが大多数という状況下の中、私は10月中旬に当たる今週末にチャリンコキャンプを敢行した訳だが、冒頭で記した通り朝晩の冷え込みが厳しくなっており、今回、冬が近いのをまざまざと実感させられたのである。名残惜しいが2009年のキャンプはここまでにすることに決めた。

 2009年は、札幌市内に雪が積もったのが12月下旬と例年に比べ遅かったのもあり、この記事の日から2ヶ月くらい私の自転車シーズンは続いた。だが、ブログの記事にするための写真撮影をしておらず記事にしづらいので2009年編は今回で終了ということにする。
 実はこの記事の空きスペースを使って、自転車に関する法規等の話を書きたいと思って準備をしていたのだが、情報集めにもう少し時間が掛かりそうだったので、それはまた別の機会にということにしたい。

"旭山動物園・当麻(2)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント