南沢・こばやし峠

 新型コロナウイルスに係る緊急事態宣言が北海道についても5月25日(月)に解除となった。
 と、言っても、感染者はゼロになった訳ではないので、まだまだ当面は注意深く行動しなければいけないのは変わりないと思う。
 そんな状況下ではあるが、少しずつコロナ前の元の生活に戻していく必要があるのもまた事実。
 当ブログは緊急事態宣言解除までを目処に暫く休止していて、その緊急事態宣言解除から更に約3週間の経過観察期間も置いた。ということで時期的にもそろそろ再開しようと思う。
 すっかり鈍ってしまった筋肉に喝を入れるべく、今回は こばやし峠を目的地に決め、出発することにした。
 札幌新道を東に進み、豊平川左岸のサイクリングロードに入ることにした。
 サイクリングロードへ降りていくスロープを探したが、この区間には無いようで、仕方なく暫く堤防の上の舗装路を進むことにした。
DSC_0359
 左手に見えるのは、前に紹介した北24条の延長線上にある建造中の橋である。
DSC_0358
 環状北大橋手前で、やっとサイクリングロードへ下りられたので、そこからはサイクリングロードを南へと進んでいく。前方には変わった形の雲が見えていた。
DSCF3631
 豊平川ウォーターガーデン内にあるこちらの橋の前で記念撮影。ここで写真を撮るのはもう恒例行事化してきた感がある。
DSCF3633
 更に南へと進み、前方にはミュンヘン大橋。
DSCF3635
 今回は南進入で こばやし峠へ行くので、ちょうど左岸側サイクリングロードの終点のところから国道230号石山通へ道を変えることにした。
DSCF3636
 五輪大橋のある交差点を右折して道道82号を道なりに進めば、そのまま こばやし峠へ至る訳だが、今回は敢えてそうせず、硬石山の裏を回って南沢や中ノ沢を経由するかなり遠回りのルートを走ることにした。
 理由はそのルートの大半がまだ未走行だからと言うのと、鈍った足に喝を入れるのにちょっと険しい道を進みたかったからである。
 石山通と豊平川の接点に架かる石山大橋を渡り、その直後にある交差点を右折方面の"白川"方面へ。そして"ほくせい乗馬クラブ"を過ぎてすぐの丁字路を右へ。そこが硬石山の裏を西から北へ抜ける道である。
 写真では分りづらいが、この道路はかなり勾配がキツく、私のサイクルコンピュータで最大勾配15%を示す程なのである。
DSCF3638
 勾配15%は外出自粛ですっかり鈍った私の足にはとんでもなくキツく足はピクピクし、ゼイゼイと呼吸もかなり苦しくなってしまった。こんな裏道、車なんて滅多に来ないと思っていたが、結構車通りが多かったのが予想外だった。
 この硬石山の裏の道までは過去に走ったことはあったが、その後の最初の信号交差点を左折して南沢の住宅地へ入った後からは今回が初走行となる道だった。
 自宅を出る前にGoogleマップ(PC)で予習してきてはいたが、念の為時折立ち止まってGoogleマップ(スマホ)をチェックしながら進んでいった。
 上っては下ってのアップダウンの激しい道を進み、東海大学札幌キャンバスの前へ。目の前の"南沢トンネル"を抜けて中ノ沢へと向かった。
DSC_0360
 南沢トンネルを抜けた後真っ直ぐ進めば、こばやし峠の前を通る道道82号へ合流するが、ここでも敢えてそうせず、トンネルを抜けた最初の信号交差点を左折し、中ノ沢中央通へと進んだ。
 巻末の地図で見ると結構右左折を繰り返す入り組んだ道に見えるかもしらないが、基本的にセンターラインの引かれている方へと進んでいけば良かった。
DSCF3639
 と、思っていたら、途中でセンターラインが無くなって、そして間違えて行き止まりの道へと入ってしまった…
DSCF3641
 気を取り直し間違えた道を引き返して、再び正解の道を進んだ。やがて遠くに交通量の多い道との交差点が見えてきた。道道82号で間違いなさそうだった。
DSCF3642
 交差点は予想通り道道82号だった。そして、その交差点のところにちょうどロードバイク乗りが二人いた。私はその二人の後ろにつく形で こばやし峠方面をと進んでいった。
 最初、二人は連れ立って走る仲間だと思ったが、ちょうど追い越すタイミングで接近しただけのようで、すぐに先頭の人と二人目の距離は離れてしまった。
 私は最初二人目の人の後ろについて同じペースで進んでいたが、ちょっとペースが遅かったので(8~9km/hくらい)、この二人目の人を追い越して進んでいった。
 先程の交差点から こばやし峠旧道の分岐までは300mくらいと短く、すぐにその分岐に差し掛かった。
 ここで一人目のロードバイクの人が自転車を止めて飲料を飲んでいたので、その横を追い越して私は旧道の方へと進んでいった。
 旧道へと入ると、道は徐々に険しくなってきた。
 私は最初16km/hくらいで進んでいたが、すぐに14km/hくらいに、さらに下がって12km/h。そしてとうとう8~9km/hまで速度低下してしまった。やはり相当鈍っているらしい…。
 そんな私のペースに、最初は抜かずに後ろについて来ていた一人目のロードバイク乗りの人も、サッとパスしてすぐに見えなくなってしまった。
 そんなやり取りがあった後、結局一人ぼっちで迎えたこばやし峠の頂がこちらである。
DSC_0361
DSC_0362
 今回は、硬石山の裏の道でかなり疲弊したのと、外出自粛で足がそうとう鈍っていたのもあり、いつもよりもかなりシンドイ思いをした こばやし峠だったが、取り敢えずここまで辿り着けて良かった。
 ここからの帰路をどうしようかと考えたが、まあ今回は大人しく道道82号を直進して"五天山公園"の前へ抜けて、そのまま手稲左股通を経由して帰った。
■走行ルート
■2018/04/08(日) 曇り
 ルート:  栄町~豊平川左岸~石山~南沢~中ノ沢~小林峠~栄町
 走行距離: 55.62km
 平均速度: 19.1km/h
 最高速度: 56.3km/h
 獲得標高: 546m
にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ 北海道サイクリングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント