【日本一周ツーリング2周目(1)】【2019年春(1)】札幌~登別温泉(前編)

 今年もいよいよゴールデンウィークとなった。
 ここ数年はゴールデンウィークと言えば日本一周ツーリングに出掛けるのが通例となっていたが、その日本一周ツーリングも去年無事にゴールを迎えている。
 そうなると次は世界に! と考えてみるが、言葉の壁も勿論あるし単身で世界はちょっと怖いと言うのがある。それと、一週間だけ行ってまた帰ってきて翌年その続きという形の走り方では輪行移動距離的にも金銭的にも少々厳しいように思う。その辺りの思いもあり、やはり再び日本国内を巡るのが良いかな?と考えていた。
 私の場合、日本国内は日本縦断と日本一周を別定義にして両方とも走破済みではあるが、それでもまだ訪れたことのない県があったり、訪れたことのない主要都市があったり、訪れたことのない島や半島があったりする。
 結論として、その辺りをカバーしつつ、そして海岸線の縁取りも少しだけ気に掛けつつ、【日本一周ツーリング2周目】と銘打って、今年から再び日本一周の自転車旅行を始めようと言う風に決めた。

 その【日本一周ツーリング2周目】の初日を迎えるにあたりちょっと困った事態になっていた。。
 というのは、先週までは気温20℃前後の割と温かい日が続いていたのだが、昨晩から今朝に掛けては気温がグッと下がり最低気温は2℃。そして降雪の予報となっていたのである。
 流石にこの時期に朝起きたら外は雪で真っ白!と言うことはないと信じたいが、思い出してみると、日本一周ツーリング1周目の出走直前(正確にはその直前の週末)に降雪で真っ白になっていたこともあった。
 もし雪で真っ白という状態だった場合でも、既に宿の手配等済ませている状態なので、出発日を遅らせることは不可。輪行で雪の積もった地区をパスするしかないだろうと考えていた。

 前置きが長くなったが、そんな状況で迎えた【日本一周ツーリング2周目】の初日。
 起床して最初の行動が、窓を開けて外を見たことであったのは言うまでもない。

 結果、夜間結構雨が降ったらしく道路はズブ濡れにはなっていたものの、有り難いことに雪は積もっていなかった。
 ニュースサイトを確認すると、日勝峠は降雪で通行止。他の道内の主要峠も雪の影響が出ているらしかった。
 そんな中、有り難いことに、自分の今日の走行ルートは特に通行規制等掛かっていないようだった。
 【日本一周ツーリング2周目】、その初日を自宅から走り出せないと言うおかしな状態でのスタートにならずに済んで本当に良かったと思った。

 6:05、自宅前を出発する準備が整った。(括り付ける時間も惜しかったので、今日はホクレンフラッグは無し)
DSCF2755

 今日の目的地は記事タイトルの通り、登別温泉となっている。
 あ、そうそう、登別温泉は登別駅から結構内陸側に入ったところにあるので、今回の記事タイトルでは敢えて『登別温泉』と言う地名を用いている。

 その登別温泉までは距離にして約120km。距離だけで言えばもっと遅い時間に出発でも大丈夫なのだが、折角なので今日の日中に"登別クマ牧場"と"登別地獄谷"の観光も、と考えてそんな早い時間の出発になった訳である。
 ちょうど去年の秋にOさんと室蘭に行った時も、同じような時間に出発して同じようなルートを走っているので、ちょっとデジャブ感があった。

 札幌新道(国道274号)を走り、平和通のアクセスサッポロ前を経由し、エコロードの真上のところまで来たのはその室蘭に行った時と同じ。ただ、今回はエコロードへは入らずにそのまま平和通と国道274号へと進んで北広島方面へと進んでいくことにした。
 エコロード+エルフィンロードは歩行者自転車道となっているので、かっ飛ばす訳にはいかない訳で、かっ飛ばしたい時は国道と言う考えからである。
DSCF2756
 写真を見て分かるように、この辺りの道路はズブ濡れで空は真っ暗だった。路面が凍結していなかったのは幸運だった。
 北広島で国道274号から道道46号に道を変え南下。そして国道36号に合流してすぐの地点にある"道と川の駅 花ロードえにわ"へとやって来た。
DSCF2759

 ここまで休憩なしで走っていたので少し休憩していくことにした。
DSCF2757
 時刻は7:55。ここまで2時間弱とまずまずのペースで走ってきたと思う。

 有り難いことに、この辺りから空は少し明るくなってきてくれていた。
DSCF2758

 休憩を終え、再び国道36号を進む。やがて千歳手前にある千歳駅とそれをパスするバイパス道との分岐のところに差し掛かった。
 今回はバイパス道の方を進もうと思っていたが、道路工事中のため千歳駅の方の道を進んで下さいと言った内容の看板があったので、それに従い千歳駅前経由となった。
 普段なら駅前通りとバイパス道で分散していた筈の車の流れも、この工事の影響で駅前通りに集中してしまっていたので、いつもよりも道路は混雑してしまっていた。何もゴールデンウィーク期間中にこんな渋滞を招く道路工事をしなくても… と思ってしまったが、まあ色々事情はあるのだろう。

 千歳駅の前、南千歳駅の前を過ぎ、新千歳空港への分岐のところを通り過ぎて"道の駅 ウトナイ湖"まで来た。時刻は9:15、室蘭の時と同様にここで休憩していくことにした。
DSCF2760

 ウトナイ湖は、その室蘭の時には鮮やかな晴天と美しい湖面が印象的だったが、今回は曇り空につき少々どんよりした雰囲気だった。
DSCF2762

 今回は時間的に苫小牧での昼食ではなく、もう少し先を進んだところでの昼食になる予定だったので、道の駅の出店でアメリカンドックを食べて補給食とした。
DSCF2764
 アメリカンドックを食べていると、背中にリュックを背負ったサイクルジャージ着用、ヘルメット姿のロード乗りが近くに自転車をとめて話しかけてきた。
 どう見てもこれからガッツリ走りに行く気マンマンという見た目だったが、今日はこれから会社だと言って笑わせてくれた。お勤めご苦労さまですw

 服装と言えば、私の今日の服装について書いていなかったのでここで書いておく。
 今朝は出発時の気温は3℃と低く且つ雨も降っていたので、上は半袖のサイクルジャージとアームカバー。その上にウィンドブレーカーを着て、更にその上にレインウェアを着ていた。アームカバーは夏用の物だったので少々腕が肌寒く感じていたが、走っているうちに体が温まったらしく途中からは気にならなくなっていた。
 下は七分丈のレーサーパンツを穿き、その上にレインウェアの下を穿いた2枚構成で丁度良かった。
 現在地ウトナイ湖で雨は完全に上がってくれていて、本来ならここでレインウェアを脱ぐのだが、気温は相変わらず一桁台で肌寒い状態だったのでレインウェアはそのまま着ておくことにした。

 前述した様に今回の昼食は苫小牧ではないので、その苫小牧はさっと素通りしてどんどん進んでいった。
DSCF2766

 結局昼食は、白老駅の次の駅 萩野駅前にある"食事処 名代"という店で食べた。
DSCF2767
 焼魚定食900円、魚はホッケを選択した。

 時刻は13時、登別マリンパークニクスの前のところまで来た。
DSCF2768
 あとは登別駅前を右折して登別温泉街まで8km弱を登っていくだけなので、登別温泉地区を観光して廻るには十分な時間が確保出来そうだった。ここまで急ぎ足で進んで来た甲斐があったと言うものである。

 登別温泉街までは道道2号という道を進んだが、その道道2号はそれ程の斜度ではない道だったので、登別温泉街にある今日の宿泊先"滝本イン"前には当初の予定よりも早い13:50頃の到着になった。
 宿泊予約時に指定した到着時刻は15時だったし、滝本インの最早のチェックイン時刻は14時だったし、多分チェックインは受け付けてくれないだろうと予想していたが、有り難いことに即チェックインさせてもらえた。
 自転車の置き場所は、最初、ホテル前の軒下と言われていたが、盗難や悪戯の心配を訴えたところ玄関フード状の場所を提供してもらえた。
DSCF2837

 リアキャリア天板の上のテント一式だけそのまま残し、他のバッグは客室へと持ってきた。
DSCF2770

 こちらが今回宿泊する"滝本イン"の客室。ツインルームのシングル利用となっているのでベッドは2つ備わっている。
DSCF2771
 窓際には古いタイプのボイラー暖房。ユニットバスも少々古いタイプ。このホテルの設備は少々年季の入ったものだったが、綺麗に扱われているらしく好感が持てた。そういった設備の古い点もあり宿泊料金は9,720円(税込)と、周囲のホテルや旅館が3万円超えな相場を考えると安く設定されているのである。
DSCF2772

 自転車旅行の場合、各種電子機器の充電に気を配る必要があるが、ここは他のホテルと比較してコンセントが豊富に設置されているのも有り難かった。
DSCF2839

DSCF2840

DSCF2841

 普段のツーリング時の記事の場合、走行ルートと走行ログは巻末に記載しているが、今回は前編後編の文字数の都合上で、前編の巻末(↓)に掲載しておく。

■走行ルート

■2019/04/27(土) 雨のち曇り(登別温泉は雪)
 ルート:  札幌~登別温泉
 走行距離: 121.64km
 平均速度: 20.7km/h
 最高速度: 45.3km/h
 獲得標高:  570m
 -------------------------------
 宿泊地:  登別温泉
 宿泊先:  滝本イン

(後編へつづく)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック