日本縦断ツーリング[PART5]【2013春 南西諸島編】(9) 名護~泡瀬

 今回の旅も9日目となり予定日数のちょうど半ばに差し掛かった。

 沖縄県名護市のホテルゆがふいんおきなわの一室でAM6.30に朝を迎えた。いつものように身支度を整えて、さて朝食でも・・と、考えながら、何気に携帯電話を見ると着信が8件!マナーモードになっていて着信に気付かなかったというのと、昨晩は1週間ぶりのベッドだったのでぐっすりだったというのと、早めに休んだというのはあるが、それにしても就寝後に8件は多過ぎ、何やらただならぬ不安が脳裏をよぎった。

 うち3件は友人からの着信のもので留守電を聞いた感じ急ぎでは無さそうな様子。さて残りの5件の方は・・。
 残りの留守電メッセージは実家の母親からで、昨晩母親の父(私の祖父と言うことになる)が亡くなったと言う連絡だった。私はすぐさま実家へ電話した。

 母からは通夜が明日5/3、告別式が翌5/4の予定となることを聞き、私からは今現在自分が沖縄旅行中であることを説明した。
 本来、2親等の続柄の私は葬儀に出席するのは勿論のこと、葬儀や所々の事務処理にも色々関与しなければいけない立場。だが詳しい事情は省くが、亡くなった祖父は札幌に住んでいたものの、私とはこれまで数回程しか会ったことがないという間柄で、私が葬儀に出席せずともさしたる問題はないだろうと言う事情があった。
 母とはよく話した末、結局私は葬儀には出ないと言うことになった。祖父が亡くなったと言うのに薄情な人間と言われると返す言葉もないが、もし葬儀に出るためこの旅をここで中止しても、ちょうどゴールデンウィーク期間の混み合っている時期にすんなり札幌まで帰れる保証もないし、この後に9日間に渡って予定している飛行機とホテルを全てキャンセルしてと、・・今回は私が葬儀に出席するのは、手続き的にも金銭的にも結構厳しいと言うのが現状。両親や親戚、いや何より亡くなった祖父本人には大変申し訳無いと思うが、私はこのまま旅を続けることとなった。
 電話を終えた後は、客室内で朝食を食べたが、味がどうとか感じている余裕は全然なかった。

 荷物を持ってフロントへ移動し、チェックアウトを済ませた。
 昨日の記事には写真を掲載できなかったが、フロントの横に預けた我が愛車は、こんな感じで駐輪されていた。
画像

画像


 ホテルを出て、ホテル前で空気圧を調整してから出発した。
画像


 国道58号を海岸沿いに走り8:45、まずやって来たのは、道の駅許田。
画像

画像


 小腹が空いたので、沖縄ドーナツのサーターアンダーギーを2つ(プレーンと黒糖味)を購入してきて食べた。熱々で油ギッシュで、中モフモフで中々美味しかった。
画像


 道の駅を出発した後は、再び国道58号を進んだ。
 途中、歩道を走行している小学生の軍団(ママチャリが大半)を2グループ程、車道側から華麗に追い越したが、負けず嫌いの子は力尽きるまで必死に付いてきていた。これが若さか・・。

 次の目的地を示す看板が見えてきた。
画像

 万座毛である。
画像


 今日5/2(木)は暦上ではゴールデンウィークではなく平日の筈だが、先程見かけた小学生の集団もそうだが、ここ万座毛でも観光客と思しき車が駐車場を満たしていた。
画像

画像


 自転車やオートバイを駐める駐輪場はなく、敷地内のこの辺の木の下にでも駐めておいて下さいと、駐車場整理の人に指示された。なんか適当に扱われているような感じである。
画像


 『万座毛(まんざもう、Cape Manza)は、沖縄県国頭郡恩納村にある景勝地。海岸の絶壁に、象の鼻の形の岩が付いているのが特徴。東シナ海に面し、沖縄海岸国定公園に属する。』(Wikipediaより抜粋)。と言う説明文にある象の鼻の形の岩と言うのはこの写真のことだろう。
画像

 広い草原の遊歩道を時計回りに進む。
画像

 こちら側からは断崖の海岸とリゾートホテルが見える。
画像

画像


 この辺り、良い具合に晴れ間が広がり暑くて喉が渇いたので、コカコーラで一服した。
画像


 県道6号、8号と進んで うるま市へ。今日の宿泊地 泡瀬はここから南にすぐの所にあるが、まだそちらへは行かず、県道37号と進み沖縄本島東海岸へと出た。平安座島、宮城島、伊計島、浜比嘉島という東海岸の離島を巡る予定があったからである。
画像

 小さい写真なので分かりづらいと思うが、遠くには沖縄本島と平安座島とを繋ぐ海中道路が見えている。
画像


 現在時刻は正午間近と、昼食にはちょうど良い時間。・・と思っていると、海中道路までもう少しと言った場所に、"100円そば"と書かれた旗がたなびいている小さな店があるのが見えた。海中道路の真ん中にあるロードパークまで昼食を我慢する手もあったが、実はここに来るまでの間にも、(多分同じ)100円そばの旗は何度も見かけていたので、ずーと気になっていた。で、結局、ここでついにその誘惑に負けて昼食に食べることにした、と言う感じである。
画像

 こちらの白い発泡スチロール容器の中が100円そば。
画像
 立ち食いそばの要領でちゃちゃっと温めた沖縄そばの麺に、これまた沖縄そばの汁を掛けたお手軽な食べ物だったが、100円と侮るなかれ!これは結構イケた。

 昼食を食べ終えたので、午後の走行を始めることにした。
 走り始めてすぐに、伊計島、浜比嘉島、平安座島へ行く交差点に差し掛かった。
画像

画像


 最初の平安座島へ至る道は"海中道路"と呼ばれるご覧のような景観の道。
画像

 海中道路と言っても実際には海の中を行く道ではなく、(本島と離島を繋いでいる橋と言うよりは海面ギリギリの高さを行く堤防の上の道と言う感じなので)海上道路の方が表現的に合っている気がした。
画像

画像


 こちらは海中道路の中腹にあるロードパークとその前の海。多くの家族連れが訪れて賑わっていた。
画像

画像


 離島の筈なのだが、海中道路で違和感なく繋がっているせいか、何となくそんな気がしないが、取り敢えず平安座島へ渡った。そしてこちらはその平安座島の東海岸線の道。護岸はアートコンテストとして描かれた絵画で端から端まで埋め尽くされていて、なかなか面白い趣向だと思った。
画像


 平安座島とほとんど一体化しているので、これまた渡った感がなかったが、2つ目の離島 宮城島へ渡った。
画像

画像


 平安座島はほぼ真っ平な島だったが、宮城島の方は伊計島へ渡る直前になり、右へ左へと何度もカーブした後大きく登る道になった。やがて宮城島と伊計島を繋ぐ赤い鉄の支柱の橋を渡り伊計島へに到着した。
画像

 伊計島へ入ってすぐのところにあるは、こちらの伊計ビーチ。
画像

 旅行計画初期段階では、この伊計ビーチにある伊計ビーチキャンプ場を今日の宿泊先にと考えていたが、ファミリーキャンパーの利用を想定しているようなホームページを見て、その考えを改めていた。
画像

画像


 伊計ビーチは有料施設なので、その前の自販機でジュースだけ飲んでさっさと撤収し、進んできた道を引き返してきた。こちらは最初の島 平安座島で、左折方向が今日渡る4つ目の離島の浜比嘉島である。
画像
 っと、それは良いが何だか雲行きが怪しくなってきた・・。
画像


 浜比嘉大橋を進んでいき浜比嘉島へ。
画像

 こちらはその浜比嘉大橋の中間地点で、少し広くなっている場所。
画像

 まるで海の上を走っているよう、と言う表現がしっくり来る橋の様である。
画像

画像


 海中道路を戻り、本島へ帰ってきた。
 そうそう、浜比嘉島へ渡る時に上空にあったやばそうな雲だが、結局数分だけ大粒の雨を降らせた後、すぐに通り過ぎてくれていた。今回の私はそうとう天候に恵まれているらしい。

 時刻は15時を過ぎ、今日の宿泊地の泡瀬へ向かっている道中でこんなのが見えた。
画像

 城壁?城跡?リアルタイムでも何か分からなかったし、今この記事を書きながらGoogleマップを見ても分からない・・。
画像


 本日の宿泊先に着いた。本日の宿泊先は、"ネットカフェ NETBOX泡瀬店"というネットカフェである。
 2年前の関東編から取り入れてみたネットカフェ泊だが、いくらでも好きなだけコミックが読み放題だし、好きな飲物も飲み放題だし、と自分的には結構気に入っていたりする。

 ネットカフェを利用する人全てがそうであるとは言わないが、一時期ネットカフェ難民という言葉が流行ったように、一部のそういう客層の人も利用するのがネットカフェである。私がネットカフェに宿泊する時は、これまでだと安全な有料駐輪場等に自転車を預け、荷物類はコインロッカーに預けてきた。
 ここネットカフェ NETBOX泡瀬店でも同じ手が使えると良かったのだが、近くに安全に自転車を預けられるラック式の駐輪場はないし、コインロッカーもない。そこで準備編で書いた通り、今回ここでは自転車カバーに愛車を入れての駐輪をすることとする。
 駐輪場所は、ネットカフェ NETBOX泡瀬店の第一駐車場の、こういう感じで構造物ロック出来る場所。
画像


 愛車を構造物のそばに駐輪した後、フロントサイドバッグ2つとトランクバッグ、サドルバッグ、フラッシュランプ、サイクルコンピュータ、ペダル・・と、外せるものは全て外す。
 前輪とフレームをU字ロック。後輪とフレームをU字ロック。自転車カバーを被せ、前輪と構造物をU字ロック・・と、これにて駐輪作業は終了である。
画像


 車体から外したサイドバッグ2つとトランクバッグとその他を抱えて店内へ移動した。
 入店が16時頃、明日の出発は6時頃を予定しているので、12時間パック+2時間の延長料金がここでの宿泊料金になると思っていたが、有難いことにパック利用20%増量キャンペーンをやっており、12時間パックは14時間20分まで滞在可能となっていた。
画像


 ここネットカフェ NETBOX泡瀬店で今回利用するブースは、フラットシートのこちらのタイプ。
画像

 抱えてきた荷物は勿論ブースの中で保管する。貴重品の保管についは、ナンバーロック式の貴重品ロッカーがブース内にあるのでそれを使う。
画像


 今日の寝床が確保でき安心したところで、パソコンを立ち上げたり、携帯電話や携帯ゲーム機の充電をしたり、コミックを持ってきたり、無料のドリンクバーからジュースを持ってきたりした。

 少しして夕食を食べる時間になったので、ブース内に置いてあったメニューを広げてみた。残念ながらこのネットカフェでは無料のフードバーはなく、食事は別料金を払って注文するシステムを採用していた。
画像

画像


 メニューを見て夕食に選んだのは、こちらのチキンカツ定食\499。
画像
 まあビックリする程おいしいわけでも、不味いわけでもなかった。
 暇つぶしには事欠かないネットカフェという環境。ここ最近は21時前後に就寝していることが多かったが、コミックを読みふけっているうちにいつの間にか24時を過ぎてしまっていた。これ以上夜更かしすると、明日に影響しそうなので、そろそろ休むことにした。フラットシートブースの床に横になり、受付で借りてきた毛布を掛けて眠りの戸についた。

■走行ルート


■2013/5/2(木) 晴のち曇
 ルート:   名護~平安座島~宮城島~伊計島~浜比嘉島~泡瀬
 走行距離: 95.19km
 平均時速: 18.5km/h
 最高時速: 54.5km/h
 -------------------------------
 宿泊地:  泡瀬
 宿泊先:  ネットカフェ NETBOX泡瀬店

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック