日本縦断ツーリング[PART5]【2013春 南西諸島編】(12) 下地島~伊良部島~宮古島

 ゴールデンウィークのど真ん中の5月5日、そして今回のツーリング12日目の朝を沖縄県下地島の民宿キャンプ村で迎えた。沖縄の朝は今朝も早くから温かい。
 テントの中で、昨日宮古島で買っておいたパンを朝食に食べた後、テントを片付け始めた。その後出発準備が整ったのは8:00になってからだった。
画像


 昨日素通りだった宮古島へ戻って、宮古島の北にある池間島を見に行くのが今日のメインイベントとなっている。
 キャンプ場を出発した後、下地島と伊良部島を最短距離で結ぶ道を進み、まずは伊良部島へ渡り、そのまま真っ直ぐ佐良浜港までやって来た。

 今日乗船するフェリーは高速艇らしく、乗船時間10分と、昨日のフェリーはやてよりも乗船時間はずっと短くなっているらしい。船名は失念してしまったがその高速艇の船内は写真のような感じ。
画像

画像

画像

画像

画像


 さらば伊良部島。
画像


 遠くに建設中の伊良部大橋が見える。
画像


 宮古島平良港に帰ってきた。
 昨日この平良港から船で隣の伊良部島へ渡り、更にその隣の下地島まで移動したので随分遠くまで行って来た印象だったが、実際は一日も経っていないと言う不思議。
 
 平良港からは進路を北へ取り、池間島を目指して走りだした。
画像


 13km程走り池間大橋に到着した。池間大橋は、宮古島の最北端に位置する宮古島と池間島とを結ぶ橋である。
 沖縄は島と島とを結ぶ橋が多くあり、私はこれまで屋我地大橋、古宇利大橋、ワルミ大橋、瀬底大橋、海中道路、伊計大橋、浜比嘉大橋と7つもの海上大橋を渡ってきており、ここ池間大橋でなんと8つ目になる。
画像

 右も左も南国の海の海上大橋は気分爽快で実に楽しいと私は思う。ここ池間大橋も勿論同様だった。
画像

画像

画像

画像

画像
 私の所感だが、ここ宮古島の海は沖縄の海でも特に格別だと思った。底までよく見える透明感に美しいエメラルドグリーンの海、そして綺麗な白砂。そのどれもがこれまでに見た海よりも凄いと感じた。

 池間大橋を渡り終わり、池間島に入った。
 その池間島に入ってすぐのところに、お土産屋や食べ物屋が立ち並んでいたのが見えたので、少し休憩に立ち寄ることにした。
 こちらのお店では、目の前でさとうきびの生搾りを実演して見せてくれて、そのさとうきびの生ジュースを飲ませてくれると言うこと。滅多にない機会だったので、そのさとうきび生ジュースをお願いしてみた。
画像

 さとうきびをプレス機のようなものにバキバキと通していく。
画像

 ちょうどさとうきび2本でコップ一杯分のジュースが出来上がった。(写真は半分程飲んだ後に撮影したもの)
画像
 ほんのり青臭さがある凄く甘いジュースだった。鹿児島や沖縄の特産である黒糖は、このさとうきびから作られると言うことらしい、そう聞くとこの甘さは確かに納得である。

 池間島を一回りした後、高台から池間大橋を眺められるビューポイントがあったので、そこから写真をパシャリ。
画像


 池間大橋を戻り、宮古島へ戻ってきた。時刻は11時過ぎと昼食には調度良い時間。実は、今日の昼食は会社の先輩に紹介してもらった"お食事処 すむばり"と言う店で食べることに決めていた。

 店の裏の駐車場に愛車をとめた後、店に入った。
 店の中は靴を脱いで上がる大きな座敷席がいくつもある大衆食堂のような感じ。私は、裏の駐車場にとめた愛車が見える位置の座敷を陣取ると、ここすむばりで一番人気と言うタコ丼を注文した。
画像

画像
 甘いタコと野菜と卵とじがベストマッチで美味い!そして量もなかなかで腹を空かせた自転車乗りには実に良いあんばいだった。

 すむばりでの昼食を終えた後は、先程渡った池間大橋を西から一望出来る岬が、ここからすぐのところにあるらしかったので、その岬へと行ってみることに。
 こちらがその西平安名岬という場所になる。
画像

 風力発電の風車が立ち並んでちょっと道北らしさも醸しだされている。
画像

 この辺が岬。
画像

 そしてこちら3枚が池間大橋になる。
画像

画像

画像


 池間大橋をたっぷり堪能した後は、宮古島の東海岸を少し廻ってから宿泊先の宮古島ユースホステルを目指す。
 と、その東海岸に入る前に、県道沿いに100%マンゴージュースののぼりを出している店が見えたので、ちょっと寄ってみることにした。
画像


 ついつい半分くらい飲んでしまった後の写真で申し訳ないが、こちらがその100%マンゴージュース。100%マンゴー果肉以外入っていないのでドロっとした口当たりのジュースで、程良い甘みがあり、よく冷やしてあった。私はマンゴー自体あまり食べたことがなかったので、物珍しさも手伝ってとても美味しく感じたジュースだった。
画像

 ジュースを飲みながら、この店の店主とここまでの旅の話や宮古島や石垣島の話をしたが、とても気さくな店主だったので、楽しい時間を過ごすことができた。

 再出発した後は進路を東海岸の道にとって進んで行ったが、あまり海が見えない広域農道のような道で少々退屈だったので、適当な所で切り上げて内陸へ方向転換した。
 宮古空港の周りを少し廻った後、今日の宿泊先の宮古島ユースホステルを示す看板が見えた。
画像


 裏小路を少し進むと、宮古島ユースホステルに到着した。
 駐車場の隅に自転車をとめ、鉄柱に建造物ロックした後、入り口の呼び鈴を鳴らすと、中からユースホステルの管理をしていると思しき女の人が顔を出した。

 予約者氏名を名乗り、前払いで宿泊料金3600円を支払い受付は終了。自転車は夜になったら玄関内へ移動して良いですよとご配慮頂いた。
 
 今回宿泊するのは和室Bタイプのこちらの部屋。
画像

画像

画像
 久しぶりの畳、やはり畳の上は落ち着いて良い。私は日本人なんだなぁとつくづく思ってしまう。

 共用スペースをチェックしておく。まずこちらが洗面所。
画像

 ランドリースペース。
画像

 浴室。
画像

画像


 ランドリースペースがあるようなので今日はこの後洗濯をしておくことした。前回洗濯したのは2日前の那覇のホテルで、まだ2日分着るものは残っているが、出来る時にやっておいた方が後々面倒がないだろう。

 夕方、夕食を食べに出掛けることにした。
 ユースホステルの受付の人に聞いてやって来たのは、イオンタウン宮古南ショッピングセンターの敷地内にある"宮古そば郷土料理 なび家"というお店。
画像


 沖縄そばを食べにやって来たものの、一括りに沖縄そばと言ってもその種類は色々あるらしい。
画像

 悩むこと1秒、ここは宮古島と言うことで、宮古そばを注文してみた。
画像


 食後は、途中コンビニで明日の朝食のパンを買ってからユースホステルへ帰った。
 浴室で今日一日の汗を流した後は、携帯ゲーム機で遊び、地図と睨めっこをし、気が付くとすっかり夜が更けていたので、寝ることにした。
 畳の上に布団を敷いて眠るのは、今回のツーリング12日目にして初になるが、やはり独特の良さがある。きっと今夜はよく眠れることだろう。

■走行ルート


■2013/5/5(日) くもり後晴れ
 ルート:   下地島~伊良部島~宮古島←→池間島
 走行距離: 55.43km
 平均時速: 15.6km/h
 最高時速: 39.1km/h
 -------------------------------
 宿泊地:  宮古島
 宿泊先:  宮古島ユースホステル

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2013年07月20日 01:12
南の島だねぇ~♪

両サイドが、エメラルドグリーンの海だなんて。
池間大橋、是非渡ってみたいです。
2013年07月20日 17:09
宮古島の海はホント綺麗でしたよ。時間的に今回は、島一周できていませんし、私の中では、機会があればまた行きたい島の1つになりました。

この記事へのトラックバック