日本縦断ツーリング[PART5]【2013春 南西諸島編】(10) 泡瀬~那覇

 10日目の朝を沖縄県沖縄市泡瀬にあるNETBOX泡瀬店で迎えた。
 今回はサイドバッグやトランクバッグ等の荷物を個室ブースに持ち込んでいるが、狭いながらも何とか居住スペースを確保して朝まで過ごしていた。小さなソロテントの中で、トランクバッグとサイドバッグの中身をテント内に広げたうえで、寝袋を敷いて寝るのに比べたら、ここでの居住スペースは全然問題ないレベルである。
 今朝は5時に起床して、ブース内のPCで最新のニュースと天気予報をチェックしていた。それと朝食は200メシのオムカレーを注文して食べていた。オムカレーと言えば富良野だが、ここのオムカレーも悪くなかった。
画像


 AM6:15、そろそろ出発することにした。荷物を抱えて受付へ移動しここでの料金を精算した。12時間パック(パック時間20%延長キャンペーンにつき14時間20分)が税込3,279円。200メシのオムカレーが勿論200円。昨日の夕食のチキンカツ定食は、12時間パック利用で1食サービスになっているので料金は掛かっていない。と言うことで合計3,479円。PC使い放題、ネット繋ぎ放題、漫画読み放題、ジュース飲み放題、ソフトクリーム食べ放題、あと食事2食、14時間20分滞在でこの料金なら下手なビジネスホテルに泊まるよりもずーと良いと私は思う。

 ネットカフェ内にいる間ずーと心配だった愛車は、ご覧のように昨日と全く同じ姿で駐車場の隅に駐まっていた。
画像

 自転車カバーを外してみても特に悪戯された形跡もなかった。今回のツーリングではここでの駐輪が一番心配だったが、どうやら無事で済んだようでホッとした。
画像

画像


 サイドバッグとトランクバッグをキャリアに取り付けて出発準備が整った。
画像


 国道329号を南下し国道331号へ。快調に進み本島南部東海岸にある知名崎まで来た。写真で下に見えているのは"あざまサンサンビーチ海洋レジャーセンター"。
画像

画像


 知名崎のすぐ南にある知念岬を遠目に見たあと、会社の人から聞いていたビューポイントが見えてきた。
画像

画像
 ニライ橋とカナイ橋という2つの橋が組み合わさりニライカナイ橋と呼称され、大きなカーブを描いた独創的な軌跡を描いているのが特徴。その独創的な形状の道路は遠目にも異彩を放っているのが分かるだろう。

 そのニライカナイ橋へ行くため、この交差点から県道86号 南風原方面へ。
画像


 今回のように知念側から入ると、このニライカナイ橋は緩い登りになる。下りだと折角の大パノラマもあっと言う間に通り過ぎてしまった筈なのでこれが正解だと思う。
 橋の上の車道は狭いが、橋には歩道が併設されていた。ここではゆっくり写真を取ったり、景色を眺めたりしたかったので歩道の方を進むことにした。
画像

 最初に差し掛かったのは"カナイ橋"。
画像

 美しくカーブを描く道。下を覗きこむと結構高くてゾクッとした。
画像

 カーブが終わり直線に。
画像

 ここからは"ニライ橋"になる。
画像


 ニライ橋を渡り終えると最後に短いトンネルがあり、このトンネルを抜けるとニライカナイ橋のパノラマビューは見えなくなった。だが実は、このトンネルを抜けてすぐのところに、自転車と歩行者しか進入できない展望台があるのだった。
 当方は自転車なので勿論その秘密の展望台へ立ち寄らせてもらった。(私のデジカメにパノラマ撮影モードがないのが悔やまれる・・)。写真では全然景観の良さを伝えきれていないが、ここの美しさは一見の価値あり。
画像


 県道86号をそのまま進んでいき、沖縄刑務所前を通過して、やがて元の国道331号に合流した。
 国道を進み午前10時頃、次にやってきたのは平和祈念公園。去年見た広島の平和記念公園と同様に結構広い敷地面積を持つ公園らしい。
画像

 まず入ってすぐのところにある式典広場。
画像

 こちらは沖縄平和祈念堂。
画像


 平和祈念公園内には、"国立沖縄戦没者墓宛"、"各都道府県慰霊塔・碑"と言う施設があり、戦争で失われた本当に本当に多くの人の名が刻まれており、戦争の悲惨さを物語っていた(失礼にあたると思い写真は取っていない)。

 "国立沖縄戦没者墓宛"、"各都道府県慰霊塔・碑"を過ぎると、目の前には海の見える夕日が映えそうな景観の良い場所がひらけた。平和の礎(平和の火)と言う場所になる。
画像

画像


 平和祈念公園を出て国道を3~4km程進むと、ひめゆりの塔へ。
 「塔」と名はついているが、実物は高さ数十センチメートルでそれほど高くはない。これは、終戦直後の物資難な時代に建立された事と、アメリカ軍統治下に建立されたという事情によるものである。(Wikipediaより抜粋)
画像

 若い少女たちの尊い命が沢山失われた悲しい場所。現代を生きる我々は二度と同じ誤ちを繰り返してはいけないと思う。暫し黙祷した後、ひめゆりの塔をあとにした。
画像


 ひめゆりの塔の周囲には飲食店や土産屋が多く立ち並んでいた。時間的にちょうど昼食の時間だったので、私はその周囲の店舗の1つへ入り、昼食を食べることにした。
 注文したのはこちら。沖縄の定番郷土料理の1つのゴーヤチャンプルである。
画像
 椀の中の汁物は、温かい沖縄そばになっていたので、ここでは2つの沖縄料理を楽しむことが出来た。

 ひめゆりの塔からは国道331号を北上し、那覇市の少し手前にある"海軍壕公園"へ。時刻は12時半を少し過ぎたところだった。
画像


 海軍壕公園は少し小高い丘の上にあり、駐輪した場所からの眺めは抜群だった。
画像


 那覇周辺を見渡せる公園からの眺めを楽しんだところで、ここのメインである"旧海軍司令部壕"へ潜っていくことにした。
画像

 アメリカ人の軍団に続いて階段を下ってダンジョンへ。ガッガッガ。
画像

 中は人が一人通れるくらいの狭い道が大半。
画像

 時にはこんな暗いところもあった。何か前に行った夕張の炭鉱を思い出してしまった。
画像

画像
 なかなか雰囲気があって面白い施設だった。機会があればどうぞと薦めておく。

 さてさて、次の目的地は首里城。今日は観光スポット巡りであれこれ忙しいのである。
 那覇市内に入り、沖縄セルラースタジアム那覇の前を通って、首里城へと道を進んでいった。
画像

画像


 首里城は小高い場所にあるらしく、街中の道なのにクネクネと峠道のように結構登った末にやっと首里城の前に着いた。
 一応首里城前には二輪車用の駐輪スペースはあったが、全く入り込む余地のないくらいギッシリだったので、駐輪スペースのちょっとだけ脇の邪魔にならなそうな場所を選んで駐輪させてもらうことにした。
画像
 本当は自転車カバーを被せようと思っていたが、正式な駐輪スペースでもない場所に、いかにも少し長い時間駐めますよと言わんばかりに自転車カバーを掛けて駐輪したら、駐車場整理の人に何か言われそうだったので、ここは自転車カバーは諦めて、さっと行ってさっと戻ることに決めた。

 本丸まで至る経路が複雑で、ちょうど去年のツーリングで見てきた熊本城に似た印象を最初感じたが、建物自体は赤を基調とした琉球王国の城と言うことで、その点は全然印象が違っていた。
画像

画像

画像

画像

 
 こちらが首里城の本丸、"正殿(せいでん)"。赤と白のシマシマの横断歩道(笑)の先に真っ赤な正殿が強烈に印象に残った。
画像


 今日は、知名崎と知念岬から始まり、ニライカナイ橋、平和祈念公園、ひめゆりの塔、海軍壕公園、首里城と盛りだくさんの観光の日だったが、それもそろそろ終わり。駐車場に戻ってきたのは15時頃とチェックインの時間にはちょうどよかったし、そろそろ宿泊先のホテルへ向かうことにした。

 途中、少し道に迷ったり、なぜか電気屋に寄ったりした後、16時過ぎになって宿泊先の"沖縄オリエンタルホテル"に到着した。
画像


 ホテルの周りをざっと一回りしてみたが、愛車を安全に駐輪できそうな場所はなかったので、ここでは輪行袋に愛車を入れて部屋へ持ち込むことにした。
 チェックインを済ませ、部屋の鍵を受け取った後、愛車の入った輪行袋とサイドバッグ2つとトランクバッグを抱えて客室へと移動した。今回の部屋はこんな感じ。
画像

画像

画像
 愛車やバッグ類を置いても、部屋の中はまだまだ余裕があった。

 周囲は場末の飲み屋街と言った雰囲気。目の前にはローソンがあるようだった。
画像


 まだホテルでくつろぐには早い気分だったので、ホテルの周囲を軽く散歩しに出てみることにした。
 ホテルを出てすぐの場所には泊ふ頭があるのだが、こんな巨大な"とまりん"と言う宿泊施設&港湾施設の建物がそびえ立っていた、これはでかい。
画像

 泊ふ頭からは、渡嘉敷・座間味・粟国・渡名喜・久米島・南北大東の離島を結ぶ船舶に乗船することができ、ちょうど粟国行きの、フェリー粟国が停泊していた。
画像


 一旦ホテルへ戻り、溜まっていた洗濯物を洗濯してしまうことにした。
 最上階にコインランドリーがあるようだったので、そこで洗濯機と乾燥機を使って一気に片付けた。ここに設置してあったのは旧式の乾燥機だったが、私の着ている服は全て速乾タイプの化学繊維の服なので、簡単に乾いてしまうのだ。

 さてさて、面倒な洗濯も終わったことだし、夕食を食べにホテルの外へ出てみることにした。
 今日の夕食に食べたいと思っていたのは、沖縄そばまたはソーキそば。国際通りの方まで行けば多分あったのだろうが、近場でと思って探すと案外ないもの・・。そんな時に目についたのが"赤まる"というラーメン屋(?)で、良い匂いに釣られて吸い込まれるように入店してしまった。
 ここで注文したのは、豪快ラーメン野菜バカ盛りwww、680円。
画像
 これはやりすぎでしょwww。

 ここ赤まるは、ラーメン屋らしいが、麺は沖縄そばと同じような歯ごたえのある麺だったし、スープも沖縄そばのものと近い感じだった。
画像
 予定していたのは沖縄そばだったが、まあ近いものを食べられたので良しとしよう。 と言うか、盛り過ぎの印象が強烈だったものの、味も結構良かったので予想以上に満足だった。

 夕食後は、ホテルへと戻り、後はホテルの客室で携帯ゲーム機等で遊んだりしてのんびりくつろいだ。

■走行ルート

■2013/5/3(金) 晴れ時々くもり
 ルート:   泡瀬~南城~平和祈念公園~海軍壕公園~那覇
 走行距離: 96.03km
 平均時速: 16.7km/h
 最高時速: 45.0km/h
 -------------------------------
 宿泊地:  那覇
 宿泊先:  沖縄オリエンタルホテル

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック