日本縦断ツーリング[PART4]【2012春 山陽・九州編】(9) 阿久根~鹿児島~姶良

 旅も終盤の9日目となった。明日は飛行機での移動が中心になるので、自転車の走行を楽しむのは実質今日が最終日と言ったところ。

 起床し、まずはデッキにあるトイレと洗面所へ。その後いつもなら朝食にするところだが、あくねツーリングSTAYtionでは、寝室のあるデュエット寝台車両の方は飲食禁止と言われていたので、今朝の朝食はここを出発してからにしようと決めていた。
 寝袋をたたみサイドバッグにしまい込む。他にバッグから出していた荷物も片付け終わると、バッグを抱えて自転車のある倉庫へと移動した。
 前後のタイヤの空気圧を空気圧計でチェックした後、前後のキャリアにサイドバッグとトランクバッグを取り付けた。そして、サイドバッグの上にツーリングマップルの入ったクリアファイルを洗濯バサミで留め、トランクバッグの左右の荷室にホクレンフラッグを挿してこれにて出発準備が整った。
DSCF3747


 あくねツーリングSTAYtionのある阿久根駅を出発し、国道3号を進むと程無くしてファミリマートを発見、ここで朝食にすることにした。
DSCF3748


 ファミリーマートを出発して少し進んだところに道の駅阿久根。
 そう言えば今回の旅で道の駅の前に来たのはこれが初めてのような気がする。今回通ったルート上ではたまたま無かったのだろうか?北海道では当たり前のようにある道の駅なのですごく不思議である。
DSCF3748

 ここで驚いたのがヤシの木だった。もろ南国を連想する木、ヤシの木が普通にその辺に生えているのだ。
DSCF3751


 道の駅阿久根を出発、暫くは海沿いの道を進んでいった。九州は宮崎の海岸線が有名だが、この辺の海岸も南国ムードがあって楽しめた。
DSCF3752

DSCF3753


 国道3号を道なりに進み薩摩川内市、いわき串木野市と過ぎ、ここからは内陸へ入っていき鹿児島市を目指して進む東へと進む。
 九州を縦断しようと考えた場合、昨日の時点で水俣市から真っ直ぐ鹿児島を目指すルートを進んだ方が最短距離になるが、そうなると位置的に、鹿児島駅よりも手前に鹿児島空港があることになり、鹿児島駅は行ってまたすぐに引き返す形になるのが嫌だったので今回はこのルートを取っている。それとブルートレインのライダーハウスにも興味があったし。

 鹿児島市内に入った。
 昼食は鹿児島産の黒豚を使ったとんかつを予定しており、その店は鹿児島中央駅周辺や市電の電車通り沿いに多くあるのは事前に確認していたのだが、自転車の駐輪場所には気を使いそうだったので、国道沿いの駐車場の広い店という条件でとんかつ屋を探そうと決めていた。何かしらあるだろう、まあそんな安易な考えだった。

 鹿児島港までやって来た。今回の旅の最南端の地になり、次回のツーリングに繋げる大事な大事な場所になる。ここまで無事に来ることが出来て良かった。
DSCF3755

 ここの港は桜島行きのフェリー埠頭らしく、南西諸島へ行く長距離フェリーはここから少し南にある埠頭から出ているらしかった。
DSCF3756

 港を挟んだ向こう側には山頂から噴煙が立ち昇っている桜島が見え、今も活動している様が見て取れた。(記事の写真では小さくてわかりづらかったので、この写真だけは少しサイズの大きい画像をサーバに置いてあるので、必要に応じて画像をクリックして見て欲しい)
DSCF3757


 鹿児島駅の前に来て写真撮影。・・予想してたよりこじんまりとした駅舎だった。
DSCF3760


 九州の門司からずーと進んできた国道3号は鹿児島市内で終わり、今走っているのは国道10号になっていた。その国道10号を霧島方面へ進み、今日の宿泊先キャンプ場のある姶良市を目指す。
 鹿児島駅から国道10号を少し進むと、すぐに市街地を出てしまい桜島を横手に見る景観の良い道になった。
DSCF3762


 ここまで自転車を走らせてきて残念なことが一点、鹿児島市内で食べようと思っていた黒豚のとんかつはどうやら完全に食べ損なってしまっていたのであった、残念無念。

 黒豚のとんかつを諦め、他の食堂を求めつつ鹿児島湾沿いの国道10号を進む。この辺りは食堂もコンビニも何もなくひたすら海岸線が続くのみだった・・、お腹すいた。

 昼食をおあずけされたまま、やがて今日の宿泊地の姶良に入った。
 いつもだと避けるバイパスだが、今日の宿泊先"さえずりの森キャンプ場"はこのバイパス道を進んだ先にあると思われるので、仕方なしと加治木バイパスへ進路を取った。

 加治木バイパスを進んでいると、進行方向を左に少し外れたところにイオン姶良ショッピングセンターがあるらしいのが案内標識で分かった。イオンならいろいろな食べ物屋が中にあるだろうし、もしかしたら黒豚のとんかつにもありつけるかもしれない、行ってみよう~。

 イオン姶良ショッピングセンターは札幌市内のイオンと比べるとそれ程大きくなかった。そんな店内で丼匠と言う店を見つけ、その丼匠で遅くなった昼食を食べることにした。ここで注文したのはカツ定食。 
DSCF3763
 黒豚ではなかったものの、それにわりと近い食べ物にありつけたのでまあ良しとしよう。

 地図で見た感じだと、加治木バイパスへ入りそこから少し北へ進んだ所にさえずりの森キャンプ場があるように見えていたが、実際に行ってみると加治木バイパスからさえずりの森キャンプ場へ行く道はなく、結果的にバイパス道路じゃない方を走った方が近かったようだった。バイパス道路は加治木インターチェンジに接続しそこからは九州自動車道になるので、私はインターチェンジ進入口手前を左折し、鹿児島空港方面へ行く県道55号へと道を変えた。

 県道55号は暫く登り傾斜の道、そんな道を進んでいくと、やっと左折方向にさえずりの森キャンプ場を示す案内標識を見つけた。私は案内標識に従いその交差点を左折し、キャンプ場を目指して進んでいった。
 県道55号を離れた後いくつかの交差点を経たが、キャンプ場への案内標識が出ていたので何とか迷わずに進んでいくことが出来た。ただし問題点が1点、それはキャンプ場到着直前に凄い急な下り坂があった点。今は一気に下っていくだけだが、この急な坂を明日の朝登らなければ行けないかと思うとゲンナリしてしまう。まあそれはそれとして、とりあえず今日の宿泊先"さえずりの森キャンプ場"に到着した。

 まずは管理棟へ行き、キャンプ場利用で予約していたxx(自分の名前)と名乗り、宿泊者名簿に記入し、料金を払い、チェックインを済ませた。それとこのキャンプ場にはシャワー室があるのでそのシャワー室を利用したい旨も伝えて、テントを張り終わった後に利用させて貰えるように申請しておいた。

 管理棟での手続きが終わったので、さえずりの森の場内を進みテント設営場所の林間広場へ向かうことにした。
 管理棟のある場所から林間広場まではかなり急な登り坂になっており、私の自転車の最小ギヤ比0.765を持ってしても自転車に乗ったまま直進で登っていくのは無理、斜めにジグザクに登るにしても今の荷物満載状態ではかなり厳しく結局押して登っていくことにした。

 林間広場に着いた。先客のテントは下の写真で遠くに見えるファミリー向けの大型テント1張のみだった。今回のツーリングでは比較的すいている宿泊施設に当たる確率が高く、これは静かな夜を過ごしたい私にとっては有難いことであった。
DSCF3765

DSCF3764


 テントの設営が終わった。今回の寝室はこんな感じである。
DSCF3766

DSCF3767


 テントの設営が終わったので、先程管理棟で申請した通りシャワー室を使おうと、着替えと風呂道具を簡易リュックに入れ徒歩で管理棟へ向かうことにした。

 林間広場から階段または坂道を登った所に炊事場やトイレがある。
 ここは林間広場がよく見渡せるところで、遠くにテントが2張・・見える筈だったが、この写真では私のテントは芝生の緑色に溶け込んで見えない!見事なステルスぶりである。
DSCF3769

 この炊事場から場内通路を下った所に管理棟がある。
DSCF3768

 先程荷物満載の自転車で苦労して登ってきた急な坂、実は16%もある傾斜だったようだ。どおりでキツイ筈だ。
DSCF3770

DSCF3771


 管理棟へ行き、シャワー室の鍵を開けてもらい、シャワー室の中へ。
 シャワーを浴びスッキリした後、管理棟でアイスクリームを食べ、管理棟そばの自販機で冷たいジュースを買ってからテントへ戻った。
 だが、さすが九州の鹿児島ともなれば、5月初旬とは言えど日中の日差しは結構強い。テントの中で過ごすにしても、テントの中はビニールハウス効果でサウナ状態でとても中に居られたものではなかった。それならばとテントを出て、テントの近くの草むらの上でつくろいでみようと思ったが、ここだとすぐに虫が寄ってきておちおち地図も見ていられなかった。
 さてどうしたものか・・。そう言えば先程写真を撮った高台の上にある炊事場は屋根があったので直射日光を遮っていたし、草むらの上よりは虫が少なそうだった。日没までの避難場所としてはここがベストだろうと決め、ツーリングマップルとDSを簡易リュックに入れ、炊事場へ避難することに決めた。

 日没までそんな感じで過ごし、夕食は姶良のイオンで買っておいたパンを炊事場のベンチの上で食べた。日が落ちた後は、さすがにテントの中も過ごしやすくなっていたので、後はテントの中でのんびり過ごした。

 さて今回のツーリングも明日でいよいよ最終日。10日間という長いようで短いツーリングも大詰めである。最後まで安全運転を心掛け、無事に自宅へと帰り着けるよう気を付けていこうと思う。


■走行ルート


■2012/5/5(土) 晴
 ルート:   阿久根~鹿児島~姶良
 走行距離: 110.70km
 平均時速: 17.4km/h
 最高時速: 39.6km/h
 -------------------------------
 宿泊地:  姶良
 宿泊先:  さえずりの森キャンプ場

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

2012年06月11日 23:52
とうとう九州南端、鹿児島まで行きましたか。
残すところは、島だけだねぇ~。
次は、沖縄本島?
いや、その前に桜島か屋久島かな?(w
2012年06月12日 19:36
私の日本縦断の旅も大分大詰めになってきました。次回のルートについては内緒なんですが、まあヒントを1つだけ書くと「島」です。(・・って、全然ヒントになっていませんねw)

この記事へのトラックバック