日本縦断ツーリング[PART4]【2012春 山陽・九州編】(7) 福岡~熊本

 今日でちょうど一週間が経過。今日は現在地の福岡から熊本まで行く予定となっていて、予想走行距離は112km。距離は今回のツーリングでの一日の平均くらいだが、熊本でランチタイムに馬刺しを食べたいと言う考えがあり、それに間に合う時間にはホテルへのチェックインを済ませて街に繰り出したい!なんて考えている。何故ランチタイムなのかと言うと、ディナータイムで馬刺しだと値段が高いからと言う単純な理由である。13時に熊本到着、このへんが一つの目安だろう。

 そんな訳で今日はAM4時に起床。5時を少し過ぎた時刻にホテルのチェックアウトを済ませてホテルの外に出た。
 もっと早く起きて早く出発する手もあったが、外が暗い内に走りだすのは安全面で回避したかったので、ライト無しで走り出せるこの時間になったのである。
DSCF3654

DSCF3655

 ホテル前で自転車を組み立てて出発準備が整った。
DSCF3656


 ホテル前の住吉通を博多駅方面へ300m程進み県道553号へ。そこから暫く道なりに県道553号を進む。
 県道553号は那珂川沿いに進み、九州新幹線の線路の下を潜り、御笠川を渡り最終的に国道3号と合流するが、交通量が多いであろう国道3号へは敢えて行かずに、その手前の県道112号を進路に取った。
 これは正解だったようで割と空いている道をドンドン進んでいくことが出来た。もしかしたら午前6時という早朝の時間帯も良かったのかもしれない。
 県道112号は一度国道3号と交差する場所もあったが、ここでも合流を避けてそのまま県道112号を進み続けた。
 やがて左折方向が県道76号の交差点、ここで左折し県道76号へと入った。学問の神様"太宰府天満宮"へ立ち寄るためである。

 やって来た太宰府天満宮。こちらがその最初の鳥居。
DSCF3657

 自転車を押して境内を進み、太鼓橋は自転車を押して進むのが困難そうだったので、それを避けて菖蒲池の前へ。菖蒲の花は6月上旬から中旬頃が見頃らしく今はまだ開花前のようだが、池の上に開花を待つ菖蒲が浮いている様もなかなか美しい。
DSCF3658

DSCF3659


 御本堂手前の桜門の前へ。
 そうそう、ここまで書き忘れていたが、今朝ホテルを出発する時は大丈夫だったが、少しして雨がポツリポツリと落ちてきて、やがてレインウェアが必要なくらいの降りに変わってしまっていた。その雨の影響で地面には水溜まりができ始めていた。
DSCF3661


 桜門をくぐり、遠目に御本堂を撮影。近くからパシャパシャと御本堂を撮影するのも何となくバチあたりな気がしたのでここの写真はこれくらいで。
DSCF3662


 御本堂側から見た桜門。参拝後この桜門をくぐって来た道を戻って行った。
DSCF3663


 案内所のところまで戻ってきた。ここの自販機でオロナミンCを買って一服した。
DSCF3664


 太宰府天満宮を出発し、今度は国道3号を進路に取った。ここから今日の宿泊地まではこの国道3号を真っ直ぐ一直線に進むのみである。
 
 道を進みながら現在の走行距離を基に目的地到着時刻を予想している事は以前書いたと思うが、この日も勿論同様。その到着予想では、本日の宿泊地熊本の到着予定時刻は、どう頑張っても14時を過ぎそうな情勢になってきていた。出発できうる一番早い時刻に福岡のホテルを出発したのだが、やはり熊本でランチタイムに馬刺しを食べるのは時間的に無理だったよう・・。まあ仕方ないか。
 そうなると昼食を14時まで我慢する必要はなくなったので、いつものように11時頃に食べてしまおう。とか考えていたのだが、この時は何故か異様に腹が減っており、何と10時半に目に付いた食堂へ吸い込まれるように入店し、そこで から揚げ定食を注文。気が付くと、こんなドカ盛りのご飯に生卵と納豆も追加で付けていた。
DSCF3666

 ここなら外の愛車が見えるから安心して食事できた。(この店の場所がどこだったかは忘れた)
DSCF3667


 熊本市内に入った。右折方向に熊本城なので宿泊先のホテルまでもう少しである。
DSCF3668

DSCF3669


 少し進み本日の宿泊先"水道町グリーンホテル2アネックス"に到着。国道3号沿いにあったので分かりやすかった。到着時刻は結局15時過ぎになっていた。
DSCF3670

 輪行袋へ入れる作業は、こちらの駐車場前のスペースで行った。
DSCF3672

DSCF3673


 フロントにてチェックインを済ませ、ここでも2回に分けて輪行袋に入った自転車と荷物を部屋へ運び入れた。
 今回宿泊する熊本市内の水道町グリーンホテル2アネックスの客室はこんな感じである。
DSCF3674

DSCF3675

DSCF3676


 ホテルの部屋で一息付けた後は、当初の予定通り熊本城へ観光に出掛けることにした。太宰府天満宮で降っていた雨は、午前中のうちにすっかり止んでおりその後は晴天の広がる良い天気に変わっていたので、熊本城を見に行くには絶好の好天になったのが有難い。

 フロントに鍵を預けてホテルを徒歩にて出発。勿論自転車盗難のリスクを考慮してであるが、ここから熊本城は近く余裕で徒歩圏内なのである。
 繁華街の賑やかな道を抜け、熊本城の須戸口門へやって来た。
DSCF3677

 入園料は大人500円。
DSCF3679


 熊本城内は広く、その城内巡るルートはいくつもあるらしい。私は取り敢えず"櫓群コース"に沿って進むことにした。ここからはコメントを控えめにして写真を連続掲載していく。
DSCF3680

DSCF3681

DSCF3682

DSCF3683

DSCF3684

DSCF3685

DSCF3686

 天守閣が見えてきた。
DSCF3687

DSCF3688

 天守閣を目の前で見上げる場所までやって来た。凄いかっこ良くて写真映えする城である。これは見に来て良かった!
DSCF3689

DSCF3691

DSCF3692

DSCF3693

DSCF3694

 本丸御殿の地下通路"闇り通路"を通って天守閣の入口の方へ移動した。
DSCF3695

 見るものを惹きつけてやまない熊本城天守閣。太陽を背負った逆光の写真も良い感じ。
DSCF3696

 折角だから天守閣の中へも入ってみることにした。
DSCF3697

 天守閣入口付近から城外を見た景色。
DSCF3698

 天守閣内の展示物で、これは熊本城城郭模型。
DSCF3699

 今回の旅では見ることが出来なかった姫路城の写真展示もあった。熊本城は黒を基調にした城。それに対して姫路城は白を基調にした城で、白鷺城とも呼ばれる美しい城である。
DSCF3700

 天守閣最上階からの眺め。
DSCF3701

DSCF3702

DSCF3703

DSCF3704

DSCF3705

DSCF3706

DSCF3707

 天守閣の中を見た後は、本丸御殿の中へ入ってみることにした。
 こちらは"大御台所"でその名の通り台所であるが、物凄い開放感のある台所となっている、てか天井高っ!巨大な丸太を使った小屋組みという建設技法が使われているとか。
DSCF3708

DSCF3709

DSCF3710

 こちらの写真が本丸御殿の大広間。「鶴之間」(60畳)から奥に向かって「梅之間」「櫻之間」「桐之間」「若松之間」と続き、それぞれの部屋境は襖で仕切られ、左手には縁側が配置されている。(公式サイトより抜粋)
DSCF3712

 本丸御殿のとりを飾るのは「昭君の間(しょうくんのま)」。この部屋が熊本城で一番格式の高い部屋ということらしく豪華絢爛。
DSCF3715


 本丸御殿を見終わったところで熊本城の城内散策を終わりにして、夕食を食べてそろそろホテルへ戻ることにした。
 夕食は熊本ラーメンを予定しており、"桂花ラーメン"へ行こうと決めていた。熊本城へ行く前にホテルのPCを使いGoogleマップで確認したのは桂花ラーメン鶴屋店。場所は市電の電停"通町筋"と"水道町"の間くらいで、ホテル日航熊本の向かいくらいの場所。
 実際に行ってみると、ホテル日航熊本の真向かいには鶴屋という百貨店がドーンとあった。店名からこの鶴屋百貨店の中にあると思い鶴屋百貨店の中へ。その鶴屋百貨店の中でエスカレータの所にあった案内板で桂花ラーメンを探した、・・のだが、桂花ラーメンは見つからなかった。どうやらこの鶴屋百貨店の中ではなかったらしい、残念。
 Googleマップで見た位置的にこの区画にあるのは間違いなかったので、この鶴屋百貨店のある区画を一回りしてみた。・・が、結局桂花ラーメン鶴屋店を発見することは出来なかった。残念だが他を当たるしか無さそうである。
※後で確認したところ、桂花ラーメン鶴屋店は、やはり鶴屋百貨店内にあったらしい。不思議で仕方がないが、きっとこの時の私の案内版での確認が甘かったのだと思う。本当に残念、今度は是非食べに来たいものである。
 
 この辺りは結構人が多い繁華街になっており、店の数はかなり多い場所。他の熊本ラーメンの店はすぐに見つかるだろうと安易に考えていたのだが(きっと私の探し方が甘かったのだと思うが)、全く見つからなかったのだった。

 もうこの時点で今日の夕食はラーメン以外ありえない気分になっていたので、熊本ラーメンに拘るのは止めにしてラーメン屋を探して歩行者天国の広い道路を彷徨っていると、割りと目立つ看板で"一蘭"という店が近くにあることが分かった。
 という訳でやって来たのが"一蘭 熊本下通店"(公式サイトはこちら)。
 この店は一般的なラーメン店と大きく異なっている面白いシステムを採用している。
 具体的にどうなっているかを書くと、カウンターへ座ると隣の席との境は壁で仕切られていて全く見えず、正面もカーテンで仕切られており厨房の様子も一切見えないという完全に一人ぼっちの世界に置かれる。
 注文はオーダー用紙に味の濃さ、こってり度、にんにく(有無、量)、ねぎ(有無、白ねぎor青ねぎ)、チャーシュー(有無)、秘伝のタレ(有無、量)を鉛筆で○印を付けて、それをカーテンごしに渡す感じ。そして、少ししてカーテンごしにそっとラーメンが届く感じ。
DSCF3716

DSCF3717


 替え玉を頼む時は、替え玉注文用の札を専用の場所に置く、すると厨房にチャルメラが鳴り響き店員が札を取りに来て、替え玉が投入されるといった感じである。私も替え玉を注文してみたが、「失礼します」の声のあと、早技で替え玉が放り込まれたのは面白かった。
 ラーメン以外の視覚的情報を遮断し、味に集中させるが為のシステムということらしいがこの徹底ぶりには脱帽である。
 だが、待てよ!この独特なシステムどこかで・・?よくよく思い出してみると、昔東京出張の時にこのシステムのとんこつラーメン店でラーメンを食べたことがあるのを思い出した!店名は忘れてしまったが、このシステムを他店でも全く同じ形で採用しているとは思えないので、きっとこの一欄の別の店だったと思う。と言うことで2度目となる一欄に今回偶然来たわけだが、あちこちにチェーン店を持つ有名店だけあり、味の方も満足いくものだった。

 ホテルへと戻った。洗濯は今回の旅ではもう必要ないし後は部屋でのんびり過ごすことにした。

■走行ルート


■2012/5/3(木) 雨のち晴
 ルート:   福岡~熊本
 走行距離: 116.10km
 平均時速: 17.1km/h
 最高時速: 40.0km/h
 -------------------------------
 宿泊地:  熊本
 宿泊先:  水道町グリーンホテル2アネックス

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

ん@先日、メタボ検診
2012年06月12日 00:06
食事、揚げ物率高いね。(¬o¬

まぁ、毎日100km以上走ってるから、問題ないか。
2012年06月12日 18:43
確かに多かったですね、揚げ物。瀬戸内海沿岸を走ったのに、刺身や焼き魚等を全然食べれていないのが残念だったかな。

この記事へのトラックバック