札幌~塩谷~冷水峠~京極

 今まで自転車で行ったいくつかのキャンプ場、その中で私が結構気に行ったところへ再度行ってみようという企画。今回は2週連続の第2弾として、羊蹄山の麓という好立地、京極温泉、綺麗な芝生、広大なテントサイトと言った特徴のある"京極スリーユーパークキャンプ場"を再度紹介しようと思う。
 
 本日の走行ルートはこんな感じ。


 のんびり支度をして家を出発し、北一条通から旧国道5号線を経て国道5号線へ合流した。 
 国道5号を小樽方面へ進むと、やがて前々回の最長走行距離更新にあたり1日中走りまくった国道337号との交差点に差し掛かった。
画像

画像


 今回は交差点をそのまま直進方面の国道5号へと進む。
 やがて銭函を過ぎると張碓の登りが始まる。この張碓は、札幌から小樽へ向かう場合において最大の難所と呼ばれる場所だが、最適なギア比を備えた自転車なら物の数ではない場所だろう。
 張碓の上りを締めくくる橋を渡り、ここでのいつもの休憩ポイントアオバトの森駐車場で自転車を停めた。
画像

 今日は自宅を出発した時から曇り空だったが、この辺りは霧が立ち込めていた。

 小樽市内に入った後は、小樽駅の1つ手前の信号を左折し天狗山方面への上り坂を進む。小樽市内は坂が多いとよく言われるが、今日の走行ルートではそれがよく理解できたような気がした。
画像

画像

 Y字路交差点の右方向は塩谷街道、左方向は毛無峠となっており、今日は右方向の塩谷街道を行く。
 
 塩谷街道の途中から国道5号へ一旦戻り、昼食を食べることにした。今日はこちらのお店で大盛そばを食べた。
画像

 少しばかり量が物足りなかったので、食後に外の店でソフトクリームを買い、海を眺めて食べた。

 余市駅まであと3kmくらいの位置の鶴亀温泉前の交差点から国道5号を離れて、道道753号と道道36号経由で赤井川へ向かう。今まで走っていた国道5号と一転して車通りがほぼゼロに近い状態になり、一気に走りやすくなった。更に嬉しいことに、先程まで曇っていた空も青空が広がってきたのである。
画像

画像

 写真の西洋のお城のような建物は、エーヴランド ゴルフクラブのホテルである。

 冷水峠340mを上った先にあったカルデラ展望所からの風景。案内板によると、真正面に突き出ているのが羊蹄山(マッカリヌプリ)ということである。
画像

画像


 冷水峠を一気に下り赤井川市街地に入ろうかというところで、運の悪いことに道路の舗装工事の真っ最中の区間に当たってしまった。多分1km以上砂利道を進むことになってしまった。これほど長い距離の砂利道を進んだのは余り覚えがなかったので、タイヤやキャリアの金具へのダメージが心配になってきてしまう程だった。

 赤井川市内のセイコーマートで、チョコバーとセイコーマートPBのレモンソーダを買い、その店先で軽い休憩を取った。そういえばこのセイコーマートは2年前にドロームキャンプフィールドへ来た時に食料を買いに来た店だった。あの日は、タイヤがスローパンクしていたので、この店先で空気を補充してキャンプ場まで急いで進んだものだが、今にして思うと懐かしいものだ。

 セイコーマートを出発した後は、そのドロームキャンプフィールドの前を通り倶知安方面へと進む。赤井川と倶知安を結ぶ国道393号を走るのは今回が2度目になるが、この国道393号はガーと登ってガーと下ると形状で実に男らしい道である。同じタイプの道に国道230号の中山峠があるが、この国道393号はその中山峠の簡易版と言ったところだろうか。

 国道393号を下りきって倶知安に着いた後は、一度走ったことのある国道276号を通らず、さらに羊蹄山寄りの道道478号を進み京極を目指す。
 この道道478号より羊蹄山に近い場所には道路はないので羊蹄山はこれだけ間近に見える。こうして見ると、この羊蹄山はホントに美しい山である。
画像


 今日の目的地の京極スリーユーパークキャンプ場に到着した。いろいろ寄り道したせいもあり、今回は17時少し前の到着になっていたが、このキャンプ場は20時まで管理人が常駐となっていたので余り気にしてはいなかったりする。とは言っていても余りのんびりしているとじきに日が暮れてしまうので、さっさとテントを張る場所を決めて、さっさとテントを張り、風呂道具を抱えてキャンプ場併設の京極温泉へやって来た。
画像


 京極温泉で今日一日の疲れを癒した後は、京極温泉と道路を挟んで向かいに位置するローソンへ行き、今日の夕食と明日の朝食を買ってからテントへと帰還した。
画像

画像

画像

画像

 写真でわかるように、平坦な綺麗な芝生のテントサイトがこのキャンプ場の特徴である。バックには羊蹄山がそびえロケーションは抜群、敷地内には温泉もある。この京極スリーユーパークキャンプ場にまだ来たことの無い人がいたら、是非一度来ることをお勧めするきっと気に入るはずだ。

■2011/7/2(土) 曇り後晴れ 
 ルート:   札幌~塩谷~冷水峠~京極
 走行距離: 121.92km
 平均時速: 16.85km/h
 最高時速: 51.58km/h
 平均ケイデンス: 78rpm
 -------------------------------
 平均心拍: 135回/分
 最大心拍: 179回/分
 消費カロリ: 3401kcal
 -------------------------------
 宿泊地:  京極
 宿泊先:  京極スリーユーパークキャンプ場

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

ん@明日から夏休み
2011年08月12日 23:17
ほほぉ~。
ここも良さそうなキャンプ場だね。

キャンプ場の隣人は当たり外れがあるけど、ファミリーキャンプ場は、やはり遅くまで騒ぐマナーのなってないのがいる確立が高いよね。

山登りやサイクリングでキャンプする人と、レビャーでキャンプする人では、同じキャンプでも全く目的が違うからね。
前者は疲労回復、後者は非日常が目的(で、はしゃいでしまう)。

サイクリングだと、レジャーに向かない寂れたキャンプ場がいいのかな?(それも寂しいねぇ)


ところで、そろそろ夏休み。
また、どこかに遠出するのかな?

こちらは自分の時間が取れないので、夏休みに、家族が起きる前の早朝ポタリングを画策中。
さて、寝なければっ!
2011年08月13日 10:16
普段は少しくらい騒がしくても眠れる体質なのに、この日は全然ダメだったです。多分この隣人の声色が私の耳には拾いやすい音だったのだと思います。こんなに寝れなかったケースは私にとっては稀でしたが、今後はこのような事態に備えて耳栓でも持って行こうかと画策中です。

そうそう夏休みのツーリングですが、実はもう終えています!
多分次回からその記事になりますので楽しみにしていて下さい。

この記事へのトラックバック