札幌~当別~新篠津~札幌(2)

 しのつ公園キャンプ場での朝を迎えた。
 昨日の記事で、賑やかな夜になるだろう と冗談半分に書いたが、それでもいくらなんでも午前2時過ぎまで大騒ぎする人達がいるとは夢にも思わなかった。それも1人や2人ではなく、何組もの集団で存在したから本当に驚いてしまった。キャンプ場自体はまあまあ良かっただけに残念で仕方がなかった。

 そんな訳でなんとなくウトウトしただけであまり寝た気がしなかったが、4時半頃から身支度をし、5時頃に朝食を食べ、5時半には撤収作業に入り、6時前にはキャンプ場を出発した。

 行きと帰りで同じ道を辿るのも楽しくないので、帰りは国道275号線の新石狩大橋を渡ることに決めた。昨日の記事にて、狭い橋の上を大型トラックが大挙してやってくるという恐ろしい橋でここを渡るには不屈の精神が必要と書いた橋であるが、早朝という時間帯なので比較的空いているだろうと思ったからだ。
 実際に渡り始めると、やはり何台かの車には追い越されはしたがそれでも普段よりは大分空いていたので、それ程怖い思いもせず無事に石狩川を渡り終えることができた。
 
 後は自宅周辺まで路幅の広い国道275号線を行くことになる。広い上に現在の空いている状況だととても走りやすくて気分が良いが、国道275号線はさすがに何回も走っているので、少し違う道を行きたいという気分になってくる
もの。厚別川を越えたところで、何となく厚別川沿いの道へと進路を変えてしまうのだった。
画像

 そんな行き当たりばったりな進路を取った報いか、厚別川沿いの道は途中から砂利道に変わってしまい、私を苦しめるのだった。
画像

 そうそう、写真を見てもらって気が付くと思うが、今回はオルトリーブのサイドバッグ"バックローラークラシック"をリアキャリアへ付けて走っている。テント泊を予定している時は、前後4サイドにバッグを付けて走るのが私のいつものスタイルだが、1泊2日の場合、バックローラークラシック2つだけでバッグの容量は足りているので、トランクバッグは無しにしても実はOKなのである。ただ、トランクバッグはチャックの開閉で中の物にアクセスできるという、バックローラークラシックには無いお手軽さがあり、敢えて持ってきていた感が強いのだ。
 そこで、今回は試しにバックローラークラシック2つだけにして、走ってみようと考えてこのスタイルにしてみたという訳である。ついでにバックローラークラシックは"バック"という商品名の通り、本来はリアキャリア用のサイドバッグなので(フロントキャリア用には"フロントローラークラシック"という商品がある)、折角だからリアキャリアに装着しているのである。なぜ普段からリアキャリアに装着しないのか?という意見があると思うが、私が使用しているトピークの"スーパー ツーリスト DX チューブラー ラック"というリアキャリアは、同じく私が使用しているトピークの"MTX トランクバッグ DXP"というトランクバッグをワンタッチで装着することができるという特徴があり、リアにこのトランクバッグ、フロントにオルトリーブのサイドバッグとすると、キャリアロープを全く使用せずにフロントもリアもバッグを付けることができるからだ。前後を逆にすると、オルトリーブのサイドバッグはそのままワンタッチでキャリアに装着できるが、トランクバッグはキャリアロープを使ってフロントキャリアへ縛り付ける必要があり面倒なのだ。それにキャリアロープで縛り付けるとチャックの開閉もしづらくなる難点もある。

 そんな理由でバックローラークラシック2つをリアに装着して今週末は走ってみたが、やはりクッキーを取り出したり、地図を見たりするのにいちいちサイドバッグの開けるのは面倒で、チャックで簡単に物の出し入れができるトランクバッグは便利であると再認識したのであった。新たにチャックで開閉できる小型のフロントバッグを導入して、リア2サイド+フロントバッグという手もあるし、今後色々試してみたいところである。

 道が砂利道になって走りにくくなったところで、道道46号線に接続したので結局元の国道275号線へと戻ってきていた。そして国道275号を一本反れた道を進んでいると、久しぶりに滝野上野幌自転車道路の休憩所の前を通りかかったので全く手入れされていない草ぼうぼうのここで少しだけ休憩することにした。
画像


 その後は、高速道路の札幌料金所の下あたりへと迷い込み、望月寒川沿いの道へ。近くには札幌インター自動車学校が見える。
画像

画像

画像


 そんな感じで白石区へ戻ってきた後は、まっすぐ自宅へ。昨夜余り眠れなかったこともありその睡魔に負けて布団へとダイブしてしまうのだった。

 来週は、9/18(土)~20(月)が暦上の3連休。9/23(木)~26(日)が有給休暇を1日プラスしての4連休の予定になっている。前半の3連休はニセコ&積丹、後半の4連休は例の件のリベンジを計画しているので今から楽しみだ。

■2010/9/12(日) 晴れ
 移動ルート: 新篠津~札幌
 走行距離:  34.57km

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック